総量規制対象外カードローン!審査甘いキャッシングはどこ?

 

カードローンは融資限度額が高いほど有利になると言われています。これは、ただ単に使い勝手がよくなるだけではなく、金利が下がるため利息支払額が少なくなるためです。そのため、カードローンを申し込む際は1つの金融機関に集中させた方が有利なのです。

 

特に銀行のように総量規制対象外のカードローンであれば、年収の3分の1という制限がないので、自分の信用力を最大限に引き出すことができます。総量規制対象外のカードローンの最大のメリットと言えるでしょう。

 

とはいえ、融資限度額が高いと、使い過ぎになるというデメリットがあります。適正な利用限度額は本来自分自身が知っているものであり、その範囲内に利用は留めるべきものでしょう。しかし、融資限度額が高すぎると使いすぎてしまい、返済に困ってしまうというデメリットは無視できません。

 

このように総量規制対象外のカードローンにはメリットもデメリットもあります。しかし、どちらが大きいかと言えばメリットの方が多いと考えられます。デメリットである使い過ぎという点は自分の精神力でカバーすべきものであり、消費者金融のように総量規制のあるカードローンでも使いすぎないように融資限度額を低く設定しても、足りなくなったら他の消費者金融を頼ってしまうからです。

 

カードローンの一番賢い利用方法は、総量規制対象外の銀行系カードローンのメリットを十分に引き出すことです。融資限度額を大きく設定してもらうため、申込前にクレジットカードのキャッシング枠などをすべて解消し、その銀行口座に給与振込口座を変更するのです。

 

このような手間をかけることで、総量規制対象外の銀行に信用を持ってもらい、カードローンの融資限度額を上げることができるのです。